なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2009年11月10日火曜日

    RICOH GXR - 想像の斜め上を行くデジカメ

    写真で日常をどうのこうのができないのは引っ越しで荷物が段ボールに入ったままなため。はやく環境を整えないといけませんな。

    で、良い意味を含め、いろんな意味でリコーがやらかしてくれましたね。リコーなのに想像の斜め上を行く仕組み。ユニット交換式デジタルカメラ「GXR」が発売だそうで。


    レンズと素子ごと取っ替えてしまうのって、大胆というかそりゃ誰もやらなかったなあと。普通に交換レンズマウントで出しちゃダメだったんでしょうか。そっちのが売れると思うんだけど。

    実現しそうにないところでは、Fマウントデータバックユニットなんかが出たら買っちゃいますよこれ。もしくは、シグマがFoveonでデータバックユニット作るとかさあ。
    勝手な想像上の発展性はあるけど、実際のシステム発展性はリコーにどこまでできる体力があるのかが疑問なんですが。
    フォーサーズみたいな規格団体を作って、いつのまにかオリンパスのOMマウントのシステム図みたいにごっちゃごちゃになってたら面白いんですが、さて、そこまで発展するでしょうか。

    いっそのこと、レンズ付きフィルムバックを作ってみたらどうか。それこそ新しい気が。
    等々ぐだぐだ言いつつ、変形合体物的面白さで微妙に物欲を動かされるデジカメであります。


    これだけだと壊れたデジカメにしか見えない・・・

    0 件のコメント:

    コメントを投稿