なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2018年12月30日日曜日

    ごみ中華タブレットをなんとかする(K960 vKB011E サブディスプレイ化)

    手元にかなりどうしようもないタブレットがやってきたので何とかしたい。
    無名中華タブレットにおけるひどい部分のフルコースといってもいいタブレットだったので、問題になっているファーウェイなんか屁でもない気がしてきた。型番で検索するとfake tabletとして有名なようだ。


    手元には基本的にごみとしてやってきたのだが、これがまだふつうにアマゾンで売ってるので驚いた。スペック表記は多少違うもののほぼ同じもののようだ。これに9799円の価値は全くない(といいつつアフィリンクを貼る)。



    スペックを見ると当然水増し。手元にあるのは上記アマゾンのスペックよりさらに水増しが激しいバージョンのようで、
    • メモリー4GB → 実際は1GB
    • 記憶容量64GB → 実際は4GB+12GBの16GB
    • 解像度2560x1600 → 実際は1280x800
    • 偽のantutu benchmarkがプリインストールされている
    といった感じ。
    偽のantutuがプリインストールなのは偽のベンチマーク結果で性能を良く見せる(でも即バレる)ということだろう。
    メモリについては確認するアプリのSD insightを使用して見てみるとhynixの16GBと表示される。おそらくシステム領域が4GBとなっていて、残りの実際には12GBしかないドライブが64GBと表示される。これは見た目の容量があっても12GBを超えるとデータが書けなくなるということでそこそこ実害がありそうだ。
    一応SoCはMT6592Tらしいので?これも遅いなりに8コアが動作している様子が見ることができる。もうどれが正しいのかわからなくなってきた。

    さらに、使用していくと、
    • 勝手に謎データがダウンロードされる
    • 勝手に広告が表示される
    という挙動を見せる。中華らしくマルウェア入りだ。これもプリインストールなので簡単に消去できず面倒。中国メーカーもこういうことやらなければいいのにいつまで経っても胡散臭いのは中国の伝統的なものだと思うしかなさそうだ。

    こういう謎なデバイスを使う際は捨てアカウントで使う必要があるし、元々実用には向かないので単に遊べればよかったのだが、10インチの液晶だけは遠目に見ればそこそこきれいなので(一応はIPSのようだ)、ノートPCのサブディスプレイとして使うことにした。

    使うにあたっては、
    • rootを取得(Kingo ROOT)
    • マルウェアを削除(AVL と Root Uninstaller)
    • 仮想ディスプレイアプリをインストール(spacedesk)
    という手順になる。基本的には他のwebページに載っている記事を参考にしただけだが、rootをとるのに使えたアプリはKingo ROOTだった。iRootでは取得できないようだ。

    マルウェアについてはAVLでスキャンしたところ、
    • UpgradeSys - Trojan/Android.adups.b[exp,bkd,rmt,gen]
    • ワイヤレスアップグレード - Trojan/Android.GDownload.e[exp,gen]
    という二種が検出された。検出されたものを、Root Uninstallerで削除した。他も何かあるかもしれないがとりあえずサブディスプレイとして使うだけならこれで問題ないだろう(マルウェアが入っているとディスプレイにしたとしても広告が上に出てきてしまう)。

    仮想ディスプレイアプリのspacedeskはwifi経由でデスクトップの表示拡張ができる。あとは電源のためにUSBケーブルでPCに繋いでおくだけだ。というわけで、spacedeskはごみタブレットを有効活用するのにちょうど良いものだと思った(小並感)。

    中華タブレットはほとんど最初からごみを大量生産しているようなものだ。ようやくZTEやファーウェイなどで問題として言われるようになったが、こういうのは昔からの伝統なのでかなり今更という気がする。

    2018年12月21日金曜日

    フォノイコライザーを買ってみる(謎メーカー製 pp500)

    レコードを聴くために倉庫にあったレコードプレーヤーを引っ張り出してきた。
    フォノイコライザー付きのアンプはあるものの大きいので置いておきたくなく、自作の小型デジタルアンプと組み合わせるために小型のフォノイコライザーが必要になった。

    というわけで買ったのが
    Muslady 超コンパクト フォノプリアンプ レベル&ボリュームコントロール付きRCA入力&出力1/4"TRS出力インターフェース

    という謎の格安フォノイコライザー。


    探していくとBEHRINGER PP400がよく似た製品で出てくる。
    PP500はレベル調整のボリュームがついているわりに値段がさらに安いというもの。
    安いなりに問題点があり、
    • アース接続端子がただのネジで内側のナットが固定されていないため、蓋を開けないとネジが締められない。
    • アース部分が塗装したままなので微妙に導通していない。
    といった感じ。


    プロ用を主張するけっこうな大げさ感のある箱でやってきた。


    しかしシールにはファンタム電源装置と書いてあるテキトーさ。

    とりあえず接続してみて問題なく音は出るようなので、接続端子を増設することにした。内側の塗装をヤスリではがして部品箱にあった端子をネジで取り付けただけ。
    下の写真、左上に転がっているのが元々付いていたネジとナットで、これでどうしろとという感じ。


    以上の変更だけ行えば、とりあえずレコードを聴きたいときには安くて良いものだ。
    左側のボリュームはフォノイコライザーにレベル調整なんか要るかなと思ったものの、あればあったで便利。
    右のTRS端子側のボリュームはヘッドホンなどを繋いだ際に音量を調整するもののようだ。
    VictorのQL-7 + オーディオテクニカのAT10G + このPP500という組み合わせでふつうに聴くことが出来た。

    おそらくBEHRINGERのOEM元か、製造メーカーが勝手に売ってるような雰囲気で、BEHRINGERと他にammoonというメーカーもあるようだ。
    部品の質はどうか分からないが、JRCの4580と汎用コンデンサとチップ抵抗くらいで、部品を変えて遊ぶのも良いかもしれない。


    2018年3月20日火曜日

    デジタル補正機能搭載カセットテープデッキの修理(PIONEER T-WD5R) その2

    先日はとりあえず再生できるだけで終わったのだが、それの続き。
    最低限のやっつけ修理ではやっぱりちゃんと動かないので再度もう少し修理を試みた。できればデッキ1、デッキ2とも動かしてみたい。
    症状としてはデッキ1が全く再生できない。デッキ2はA面再生できるがB面再生ができない。


    まずはゴムを取り外してお湯で煮てみた。なんのこっちゃという感じだが、劣化して溶ける前なら伸びたゴムは鍋で煮るとひとまわり小さくなる。下の写真ではちょっと小さくなっている。


    デッキ2のB面再生がおかしいのは、リバース再生時にヘッドをひっくり返す機構を動かすのに結構トルクが必要で、ゴムが伸びすぎでスリップして不可能になっていたようだ。これもゴムを煮て試すと問題なくなった。
    ゴムはまたそのうち伸びそうだけれど、これでデッキ1/2ともリール自体は回るようになった。以下の写真はデッキ2でB面再生ができているところ。


    回るようになったものの今度はデッキ1が倍速再生されてしまう。これはピンチローラーが上がっていない状態になると起こる症状のようだ。
    メカを分解してみてみたら、ピンチローラーのプラ部品がバネのテンションに負けて割れていた。ここは鉄で作ってたのをプラで作っちゃうとこうなるだろうなあという箇所。しかも裏が肉抜きされていて割れに弱い作り。瞬間接着剤などでくっつけてもすぐにパカッと割れてしまいそうだ。
    下の写真では左のピンチローラーから外れたバネだけがメカに残っている。


    修理の方法としては、肉抜きされている部分にエポキシパテを充填して補強してみることにした。周りには干渉する部分はなく問題はなかったので充填したうえでさらに盛り付けて3角に成型(形はテキトー)。これである程度は強度が期待できるはず。

     

    バネをセットしてメカを元に戻すと正常にピンチローラーが持ち上がり、倍速再生はされなくなった。

    ゴム伸びの解消とピンチローラーの補強・修正で修理自体は完了した。表示部のすすけた汚れを拭いたり全体をクリーニングして終了。パンクしたコンデンサの交換からメカの破損修理と掃除までなかなか盛りだくさんだった。
    テープデッキの末期の機種だけあってやはりメカは弱いようで、ゴム伸びとピンチローラーのプラ割れでおかしくなっている個体は多いのではと思った。
    T-WD5Rは操作も複雑でよくわからないのだが、マニュアルがパイオニアからダウンロードできる。音はそれなりに良いのでマニュアルを見ながら使っていきたいところだ。

    2018年3月6日火曜日

    デジタル補正機能搭載カセットテープデッキの修理(PIONEER T-WD5R) その1

    どこかでデジタルの対極としてカセットテープがはやっているらしいと聞いたが、さっぱり実感がない世代なのでそれとは全く関係なくカセットテープデッキを入手したので修理してみる。

    カセットテープは元々アナログな機械であって、メカの精度が良い高級機で厳密な調整をすれば一般的なカセットテープのイメージを軽く超えた音を出す。それとはまた別の方向でわかりやすい高音質を目指したのがPIONEER T-WD5Rのようだ。S/N 90dB DIGITAL PROCESSING SYSTEMのシールがなかなかすごそうな感じ。


    T-WD5Rはノイズの低減とカセットテープで足りていない事の多い高音部分を補完してこもった感じを無くすのを目的としたデジタル補正機能を搭載している。価格帯は6万円なのでメカはエントリーレベルで、それにデジタル補正機能を足したらどこまでいけるのかが興味深い。
    この機種の上位に同様の補正機能と多少良いメカを積んだT-D7という機種があり、こちらはまだそこそこの値段で取引されているようだ。

    この個体も毎度のジャンク入手なのでちゃんと動かない。不具合は以下の通り。
    1)デッキ1が動かない(デッキ2はかろうじて動く)
    2)デッキ1デッキ2ともフタを開けると勝手に閉じる
    3)ヘッドホンジャックにヘッドホンを挿しただけでハム音(ブーン)が聞こえる
    こんな感じでわかりやすく故障しているので普通の人は捨てるしかない。外装の見た目はきれいだけれど天板はなんかべたついている。
    ヘッドをアルコールで拭いたところ綿棒が茶色くなったのでそこそこ使い込まれた個体のようだ。内部は開けられた形跡はなかった。

    1)はゴムベルトが伸びているらしい。
    とりあえずダビングはしないのでデッキ2を使おうということでスルー。デッキ2も結構怪しいが、とりあえずは音がふにゃふにゃせずに再生できる。 そのうちベルトを交換したいところだ。

    2)はオープンクローズ位置検出スイッチの接触不良。
    接点を磨いてから接点グリスを塗っておいた。 このタイプは接点が酸化して変な動作を起こすことが多いのでよくあるタイプの故障といえるだろう。CD-ROMドライブなどでも使われていて勝手に閉じるのでイラッとすることがある。


    3)は、電源部のコンデンサが漏らしていた。
    カセットデッキはヘッドが微弱信号を扱うのでモーター系などのノイズを拾うことは多いのだが、 モーターが全く動いていないときも鳴っているのでヘッドからではない。ハム音はヘッドホンからもラインアウトからも同じく出ている。その上電源を落としてスタンバイ状態でも出ていたのでちょっとおどろいた。
    かなり大きいレベルのハム音なので電源かなと思って基板を見たらコンデンサが下から漏れて斜めになっていたのでとても分かりやすい状態であった。




    噴いていたコンデンサはELNAのRE2 9651(96年51週製造?)25V 4700uF。同じのが無かったのでジャンク箱にあった日ケミの25V 6800uFと交換して、ハムノイズは全くなくなった。足が抜けていたくらいなので、ノイズはともかくコンデンサなし状態でよく動いていたものだ。


    以上で試聴できる状態になったので古いカセットを聴いてみた。
    高音がある音楽でもちゃんと伸びるのが分かり、なるほど~という感じで分かりやすく補正機能の効果はあるようだ。 機能ONで単純に高級機の音になるわけではないが、詰まった感じのするカセットの音からはだいぶ良いものになるようだ。


    録音状態が悪い場合やフェードアウト時などにエコーがかかって聞こえたり、シャラシャラした低ビットレートのMP3みたいに聞こえる場合もある。 デジタル補正機能を通すということで多少は加工された感じがするのは仕方ない所だろう。

    それよりもS/N 90dBのシールが貼ってあるとおり、カセットとは思えないS/N比を実現しているところのほうが効果が大きい。ノーマルでもハイポジションのテープでも結構聴けてしまうのが良い。ふつうのカセット以上CD未満にはグレードアップする。

    ただ、T-WD5Rのメカの出来はだいぶ安価版なので音の安定感があるわけではない。そもそもオートリバース機では仕方ない面もある。カタログスペックのワウフラッターは0.09%WRMSで更にゴムが伸び気味だからもっとひどいはず。(参考までにSONYのTC-K333ESRなどのカセット全盛期の中級機では0.025%WRMS程度。)

    古いカセットをそれなりにきれいにデジタル化したいとかそういう人には今でも需要があるんじゃないかなーという感じで、低価格でやりたいことを実現した良く出来ている機種であった。

    今回のこの記事に関係あるようなないような感じだけれど、東芝がカセットテープもハイレゾにしてしまうCDラジカセを発売したようだ。

    ・東芝Aurexから世界初の“ハイレゾCDラジカセ”「TY-AK1」登場


    仕組みとしてはちょっと違うのかも。CDもカセットもハイレゾに出来るならなんでもありだなという気はする。T-WD5Rと比べて音質は進化しているのかどうか聴いてみたいところだ。

    2018年2月2日金曜日

    ハイレゾ&ゲーム対応スマホを買ってデレステ (ZTE axon7)

    dtabを購入してデレステにはまってみる(dtab d-01j)で書いたとおり、タブレットを使ってデレステを始めてみた。
    まずはd-01jはデレステの全てには使えるわけではないという件。
    音ゲーは初めてでこんなもんか?とPROを楽しくプレイしていたが、慣れるとMASTERも挑戦してみたくなるもの。そうなると困るのはノーツ(降ってくる玉)が残像にまみれて見えない問題。PROなどをゆっくりシャンシャン叩いていると気がつかないが、スピードを8以上に設定するとノーツが尾を引いて見え初心者にはなかなか大変。
    とりあえず自分の動体視力のなさを棚に上げておくと、MASTERのプレイではd-01jの長所とされている8.4型高解像度2k (2560×1600) IPS液晶 が足を引っ張っている。液晶の技術的に画質と反応速度はコストとの兼ね合いでトレードオフ。ということで別のスマホを探すことにした。
    d-01jは基本的なタブレットの機能としては満足していて(d-01jはそもそもnexus7の代替でゲーム用に購入したわけではない)ノーツがないMVを見るにはなかなか良いため買うならスマホにしたい。動画の残像が少ないと言われる有機ELのスマホを探していたところ、楽天のセールでデータsim付きのZTE axon7があり購入した。半年データsimをつけて3.3万円程度である。
    前回の買い換えも楽天でacerの980円スマホ(Acer Liquid Z530)を買っているが特には問題が無い。これを通話やLINE用で維持しZTE axon7を買い足すことにした。
    ゲーム用を一緒にしてしまうと、プレイ中にメールやLINEの着信があると通知が画面上半分を覆い、難易度がかなりアップするのだ。

    ZTE axon7の有機ELは2560x1440でd-01jと縦解像度が同じ。動画の反応速度は良く、速度8でもちゃんとノーツが見える。
    思ったより良かったのがハイレゾ対応DACで、ハイレゾの音質はともかく、発音の反応速度が良い。どうやらd-01jの発音も特に遅いらしいけれど、聴いてみるとaxon7の反応がとても良いのが分かった。スピーカーも左右前面に付いていてスマホとしては珍しい構成。ヘッドホンを使わなくても普通にプレイできる(ヘッドホン使わないとタッチが安定しないdtabが変なのだが)。
    CPUは Snapdragon 820 MSM8996 なので、一昔前のハイエンドモデルに使われていたものだ。3Dリッチもあまりコマ落ちしない。
    快適にプレイできるので、下手なりにレベルが低い方のMASTERがある程度クリアできるようになった。残像で尾を引いたノーツではなく、ここだという所でノーツを押せるのがとても助かる。はっきり表示されればスピードは高めの方が簡単なのだが、残像があるとスピードを高めてもよく分からないのだ。使う機器の性能によって難易度が上がるのもデレステの難しいところ。その点 ZTE axon7 はプレイを簡単にしてくれるスマホでとても良い。

    結局axon7でプレイしてd-01jでMVを見るという感じで使っているが、プロ(?)はそんな面倒くさいことをせずにiPad Proを買うらしい。プレイもMVも大きい画面で3Dリッチに堪能したい人はiPad Proで始めましょう(棒)。