なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2016年6月5日日曜日

    ジャンクでDAC遊び DM-7080編(SAA7350GP+TDA1547 DAC7)

    DM-7080は、ケンウッド独自のD.R.I.V.E(Dynamic Resolution Intensive Vector Enhancement)システムを搭載している。更にPhilipsのDAC7(SAA7350とTDA1547)を搭載している。PhilipsのDAC好きとしてはDAC7はどんなものか聴いてみたくて探していたのだが長いこと縁がなかった。この機体は既にディスクの読みが悪い状態で、DAC7で遊べるなら丁度いいという感じで購入。

    このDM-7080はググっても改造したという記事があまり引っかからない。MDを使うために買った人なら頑張って修理をするだろうけど、まず個人的にはMDへの思い入れが全然ない。この機種を知ったときはMDにDAC7を使うのはDAC7の無駄遣いでないのという感じだった。


    DAC7のTDA1547を生かしたくてDM-7080をそのままDACとして使おうとすると、ブランクディスクを入れて録音停止状態にするという手順になる。 そのためディスクの認識が怪しい機体では少々無理があるようだ。