なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2011年3月16日水曜日

    もしかして - 爆発で燃料をばらまく原発

    先日書いた通り、やはり東電は原発のコントロールを完全に失っているのに呆れてしまい、書く気も起こらなかった。
    福島第一原発は3度目と4度目と水素爆発があって、煙も出続け、まだ沈静化のめどがない。



    3度目の爆発はMOX燃料を使っている3号機のため、毒性がウランの比ではないプルトニウムを付近にばらまいた。どの炉も使用済み燃料をいれておくプールが炉の上部にあるが、それはニュースで全く言われない。1号機の爆発は比較的白い煙だが、3号機の爆発は黒い煙で重さのある塊が吹き飛んでいた。

    各炉とも厳重に圧力容器で厳重に保護されているなんて言っているが、燃料プールは全く保護されていない。建屋が壊れればまったく外部に露出しているのだ。格納容器で厳重に保護されているから大丈夫という前提は一切当てにならない(そもそも格納容器も破損した状況)。

    燃料プールにある使用済み核燃料はある程度発熱しているため、停電で水の循環がないプールでは水がおそらく沸騰しかけている。水が蒸発し終えてしまうと、燃料は発熱を増して溶ける。溶けてプール下に溜まると、全く保護されていない外気に触れた状態でメルトダウンし再臨界が起こることになる。
    今まで簡単に最悪の事態を連発してことごとく事態が悪化していったが、これはもうチェルノブイリ同様になる可能性がある。最悪。
    今現在容易に炉に近づけない状況で、1号機~6号機の燃料プールは放置されている可能性が高い。燃料プールから出た水素で爆発したのであれば全ての建屋で同様の爆発の可能性がある。

    テレビに出ている専門家は原子力関連のお抱え専門家が多く非常に楽天的、もしくは状況の悪さを小さく見せようと努力して表現している。大丈夫ですという言葉はほぼ信用できず、ワーストケースを除外して表現するからいつも専門家の表現する状況の更に先が実際に起こっている。政府もその専門家の広報に徹しているため、誤った情報を広めてしまっている。
    先日も書いたが、想定外では許されない。原発に想定外などあってはいけない。それを簡単に使う専門家は信用できないと言える。

    放射性物質の飛来について、民放のアナウンサーが「東京「は」大丈夫ですから落ち着いて」と言っていた。全国放送だろあんたの番組は。東京がよければ全て良いみたいなスタジオの雰囲気。仲間内だけがよければそれで良い東電に通じる無責任さ。外気に触れた状態で再臨界が起こったら同じ事言ってられないはずだが。

    今もなお東電擁護がやたらと発言している状況。東電は被害者ではなく自業自得での最大の加害者である。もしかしてと一切考えない思考停止。大丈夫だろうで進めてきた原子力政策。エコのために原子力なんて狂気の沙汰なのがよく分かる。

    レベル7に悪化可能性 米研究所
    原子力安全・保安院が言っていたレベル4がいかに甘い見通しだったか。
    レベル7はチェルノブイリ級、およびそれ以上の事故だ。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿