なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2011年3月14日月曜日

    東京電力の計画は、関東を人質に取って脅迫することなのか

    なんなんでしょうか。今回の計画停電は。

    「原発が無くなると、こんなに不便になりますよー。あなた達が今までこれだけ豊かに暮らしてこれたのも原発のおかげですよー。ですからさっさと建設しましょうねー。」

    これでしょうね。東電の言い分は。



    電力が余っているといいオール電化にエコキュートをばらまいていたのに、今回の地震でまともな生活は送れなくなった。実はそのくらい電力事情は逼迫していた。プラグインハイブリッドや電気自動車なんてもう無理だ。電気がないのだから。

    これから原子力発電所をバンバン作るつもりだろうが、ここまで国民を被曝させておいて安全ですよと言い張るつもりだろうか。この事態を見て建設に応じる自治体が居たら本当にバカとしか言いようがない。
    それでも、東電は関東地方の住民を不便な生活という事態に曝して人質に取り、否が応でも新規建設に向かわせるのだろう。東電は新規建設の口実ができて喜んでいるに違いない。作るなら、お台場辺りに作れば需要と直結していい立地かと思う。耐震性に自信があるなら作れるだろう。

    供給できないなら需要を減らす必要がある。もしくはこんな事態にならない新しいエネルギーを探す必要がある。元々土地が広大で安定しているアメリカから来たものなのに、地震に津波の起こる日本で原子力発電所などどだい無理な話で、無理に無理を重ねて今の姿になり、大事故を起こすまでになった。
    原子力反対派を左翼扱いしてバカにしていた人たちも、少しは原子力発電所の怖さが身近になったのではないか。まぁtwitterを見る限り半分以上は原発に対して本質的に脳天気な考えのようだが。

    福島みたいな田舎はどうなってもいいなんていう議論を見たときは殺意を覚えた。なんでこんな奴らのために原発なんてものを抱えてないといけないのか。
    今回の事故は仕様外の状況によるものなんて発言もあった。まるでマイクロソフト製品みたいな言い訳である。いくら地震が大きかろうが安全だと言ったのは誰か。原発事故は仕様ですで済まされてたらたまったもんじゃない。
    放射性物質が放出されたが、責任問題は見事に聞こえてこない。このままでは、地震を言い訳にして誰も責任を取ることはないだろう。

    そして、人質に取られた人は建設に同意するしかないのだ。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿