なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2011年3月14日月曜日

    東京電力と日本政府の人命軽視具合

    こんな時間に言われても…計画停電で東電へ怒り

    えーと、言いたくないけど人殺しだな、これは。
    生きるために電気が必要な人にとっては死刑執行のカウントダウンに等しい。
    対象地域も混乱していて停電するのかどうかもはっきりしない状態で電気止めますよなんてふざけている。
    自宅で人工呼吸器などを使うなど生きるために電気が必要な人の所在地の把握をして、発電機を準備して停電に備えるにはあまりにも時間が足りない。



    1000万Kwが足らないと言っているが、まず大口需要家を止められるだけ止めてからだろう。これでは被害を受けなかった地域の工場を稼働するための計画停電になってしまう。
    工場を止められないから何時にあなた方を殺しますよと言ってるのと同じ。原発で人を使い捨てにするだけあって、やはり東電は人の命をものすごく軽く、安いものと思っている。同時に、今回停電に応じない大口需要家の企業も同様だ。

    昨日も書いたように、供給ができないなら需要を減らすという考えをしなければならない。当然、対象地域全域で電気の使用を控えるのは必要だが、死に直結する停電をこんないい加減に決めるとは思わなかった。物事には順番というものがあるだろうに。間接的な二次災害を起こすつもりか。

    冷蔵庫は3時間くらいなら大丈夫だよね、などといった小学生レベルの議論で決めたのか、そもそも死を上記のように安い物と思っているとしか思えない。
    こんなとこで言っててもしょうがないが、この対応はひどい。工場を止められないから弱者は死ねという現実。

    超法規的措置で14日を休日として工場の稼働を抑制し、電気が必要な人の所在地の把握と病院への搬送が必要だろう。なぜこれが出来ないのか。
    なんだかな…中二病だと言われてもしょうがない内容だけど。言えるときに言いたいことを言っておきたい。

    なお、他電力会社からの融通についてデマが流れている(いた)ようだ。他電力会社から東電への融通は佐久間周波数変換所・新信濃変電所・東清水変電所だけしか不可能で、全て合わせても原発1基程度の100万kwしか融通できない。
    周波数変換所を増設すればまた別の話だが、関西・東海地域が節電しても(節電自体は良いことだが)意味はない。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿