なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2007年3月31日土曜日

    Tokina AT-X 270 Pro


    以前安価に入手したTokinaの28-70mmF2.8のレンズ、広角側はシャープだけど望遠側の開放がえらいソフトフォーカス、絞ればシャープという癖のある面白い(ある意味ダメな)レンズ。重くて放置してたのをD70に付けてみた。
    やはりF2.8まで明るいとボケが楽しめる。しかし被写体にあまり近づけないレンズなのでボケを生かすには対象が限られるようだ。もともと逆光に弱いのに購入時フードが付いてこなかったのもあって、逆光にはめっぽう弱い。良い条件下では良い写真になるので、8千円~1万円くらいでならお買い得かも。ただし、デジカメ装着時広角側42ミリ相当ってのはかなり苦しい。光学設計的にも35ミリフィルム用レンズとして使うのが吉ですかね。
    癖のあるテレ端開放の描写は夢の中の映像って感じでソフト。それが生かせるなら使い道もあるかな、でもやっぱり重いから持ち歩かない気がする。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿