なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2008年6月11日水曜日

    サーバ屋さん中

    送信者 ichigo_photo2008

    1TBのRAID1のサーバをCentOSとSambaで構築してデータを入れたのだけれど。

    まだまだ日本語というか漢字というか記号というかスペースというか、変なファイル名のデータにはうまく対応していない感じがする。まあ、名前の間にスペースとか「【 】」を付けたりとか「・」とか拡張子のないファイルとか、そういうファイルを作るからだめなんですが。
    ものすごい細かいファイルが900GB近くもあると、Tripwireとかがデータベース延々と作って処理が終わらないし、Clamscanが延々とスキャンして終わらないし。サーバが大げさな装備をする理由が分かった。そりゃ実用的な時間の中で処理を終わらせるにはCPUもメモリもHDDも一般向けより数段良い物を使わないとだめなんだわ。と、組んでから理解しました。
    1万5千円のサーバとかは、HDDを増設したとしても、やっぱり値段相応の使い道なんだろうなあ。

    全然関係ないけど写真は海芝浦駅。パトレイバーに出てきそうな場末の雰囲気のする工場地帯を走る鶴見線です。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿