なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2015年8月15日土曜日

    ScanSnap S300のWindows10動作確認

    紙類を減らしたいと思って購入したドキュメントスキャナ。紙として残さないとダメなもの以外は捨てることができるので、結構便利に使っている。
    いつも書類を放り込むTinkpadX201はWindows10(32bit)にしてしまったので、動かないと困るなあと思いつつインストール作業を開始した。


    ちなみに使っているのはScanSnap S300という古いタイプ。発売当時はWindowsVistaまでの対応であった。2014年11月30日で富士通の保守も終わっている。Windows7では普通に使えていた。
    PFUのヘルプページScanSnapのWindows® 10 日本語版 への対応予定を教えてください。によると、
    サポート期間が終了いたしておりますので、対応の予定はございません。
    だそうだ。



    さて、結果から言うと問題なく使えた(あっさり)。


    • S300.exe(ドライバ本体)
    • MFOCR2221.exe
    • Org3220.exe
    • ss300v42l31jpup.exe
    通常のインストールと同じく、上記ドライバをScanSnap Setupプログラムダウンロード要求フォームからダウンロードしてインストールした。
    古い機種は要するにサポート終了だからサポートしませんよということと、現行機種の場合はWindows10の動作確認が終わってないから待ってねという状況だろう。さくっと切り捨てるメーカーもあるので、サポートなしでも一応動くのはありがたいものだ。

    2 件のコメント:

    1. 2008年10月から(S300+VISTA)を全く問題なく愛用してきたのですが、2015年にWindows 10 を購入しS300を繋ごうと四苦八苦したのだが駄目。 S300 は完動しているので買換える気にならず、しからばとVistaとW10 とを無線LAN で繋ぎ、Vista で原稿を読み取らせそのデータをW10 に送って活用してきました。 ところが VISTA support が4月で終わることとなり、いよいよ年貢の納め時、新しいScanSnap を購入しなければならないと覚悟を決めました。 購入のために ScanSnap の情報をInternetで検索している途中でこのレポートをたまたま発見。 ご報告頂いていた advice 通りにダウンロードしインストールしました。 全くあっけないくらい簡単にS300 が Windows10 で正しく動作を始めました。 メーカー・販売店の担当者に何度となく質問をしてきたのですが全て[駄目です!]の一言。
      パソコン・ソフトの難しさと裏情報の重要性を再認識しました。
      素晴らしいレポートを有難うございました。心から御礼申し上げます。 de SDQ

      返信削除
    2. 1…サポートしてると言っちゃうと不都合あった場合にクレーム対応しないといけない。
      2…Windows10対応機種を買ってくれることを期待しての営業上の都合。
      といったところでしょうか。
      ユーザとしては使えるうちは使いたいのが正直なところで、拙い記事ですが役に立ったようで何よりです。

      返信削除