なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2011年5月7日土曜日

    浜岡原発は焼け太り?

    浜岡原発:全面停止へ 東海地震想定震源域の真上

    アホなことばかりの政策の中にあって、やっとまともなことを始めた感がある。周辺は菅政権の人気取りだと様々に騒いでいるが、まずは地震が来ることを想定した対策が出来るまでは止めるというのは当然評価できる。
    産業界とか中電とかは抵抗するかもしれないが、地震対策を今までやってこなかったのだから自業自得とも言える。浜岡原発での下手な学芸会のような防災訓練を見ていると、3号機の早期再開なんて全くのお笑いである。



    反対派はなぜか喜んでいるが、「地震対策ができるまでの一時的な停止」だと言うことが見えていない。廃炉を期待できる停止ではないのだ。
    2年といわれる停止期間である程度の地震対策を行うのだろうが、結果的にそれで良しとしてしまったら地震に強い原発という謳い文句で二度と浜岡は止められなくなる。多少安全対策をし、浜岡は安全ですからというお墨付きを与えるための停止期間なのだから、対策後はそれこそ慢心した原発が誕生してしまうかもしれない。
    中部電力も大した対策は行わないだろう。せいぜい津波に対応するための高い壁を作るくらいだ。原子炉直下にある震源からは逃れられない。

    今までも安全だ安全だ安全だと洗脳されて来たものに、更に安全を付加して止められない原発が誕生する。地震が来ても壊れないから安全だと言い始めたら福島の二の舞である。想定をまた上回った災害が起き、想定外の一言で片付けられてしまうだけだろう。

    ここで頑張って廃炉に追い込まないと、浜岡原発は焼け太りなのだが、反対派は「やった停止だ!」で終わっているのがなんというか片手落ちだ。廃炉を期待したいと言っても、もし廃炉ならこれから再開を前提とした対策をしても無駄金になってしまう。廃炉を前提として別の火力でも建設した方が良い。

    猛暑が来れば電気が足りないって言うのも、全く節電しない場合。この期に及んで節電しない人ってどうなのって話だ。東京でも効果が出たのだから、東海地方でも出来ないわけがない。
    中電の電力は浜岡原発に11%を頼っているが、他の発電所でカバーできる範囲の容量だという。原発無しでできるなら無くせばいいのに中電は散々抵抗するのだろう。
    「イメージだけのCMは流さない」とか言う美しいイメージだけのCMを流していた
    アホな中電はどう出るのだろうか。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿