なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2014年11月11日火曜日

    アウトバックにPIRELLI WINTER ICECONTROLを装着してみた

    新型の2015年型アウトバックが出て、かっこいいなーと思いつつ、ついに旧旧型となったBPアウトバックのお話。

    5年前取りつけたグッドイヤー Eagle Revspec RS-02。5年も経つと、冬の朝にゴリゴリ滑るくらいゴムが硬くなってしまった。夏は普通に使えているものの冬はゴーゴーというノイズがひどい。冬は危険だし、ひび割れも出てきて夏タイヤとしても寿命のようだ。
    ということもあり、今までは一年中夏タイヤだったのを今年は試しに冬タイヤにしてみることにした。スタッドレスにしておけば安心して冬を迎えられるというものだ。

    性能としてはブリジストンが良いのだが年に1回降るか降らないかという温暖な静岡では勿体ない。ドライ路面で高価なゴムをすり減らすだけだ。
    値段で見ていくと台湾・韓国系以外ではピレリがあった。その上が値段順にトーヨー・グッドイヤー・ヨコハマ・ ミシュラン・ブリジストンといったところ。性能はこの逆並びだろうか。
    スタッドレスタイヤは高価なイメージだがメーカーによっては意外と安いのだった。

    ということでお財布と相談して選んだのはピレリ。
    ピレリ ウインターアイスコントロール215/60R16を4本(6,780円/本)、
    16インチ 6.5JJ 5H オフセット+48 ハブ径56 PCD100 フォレスターSG前期型の純正ホイール(3,250円/本)。
    総計40,120円。

    今回ピレリを選んだのは安いという点が一番で更にピレリのスタッドレスはドライ路面でもふらつかないという特徴があるらしく、ドライ路面でしっかり走れる冬タイヤということだった。
    ホイールも意外と安かったので購入。16インチにインチダウンすることに。

    交換するにあたって工賃を電話で見積もりしてみた。 条件は16インチ4本。
    地元のスバルディーラー 持ち込み交換(バランス込):1本2,000円(4本8,000円)
    ENEOSガソリンスタンド 持ち込み交換(バランス込):1本2,500円(4本10,000円)
    カーショップ ジェームス 持ち込み交換:4本8,640円
    カーショップ イエローハット 持ち込み交換:1本2,160円(4本8,640円)
    出光ガソリンスタンド 持ち込み交換(バランス込):4本6,480円→4,480円(はめ込み・バランス)

    持ち込み交換は儲けが少ないためか店舗によっては大幅に値段の違いがある。
    最後に聞いた出光スタンドが一番安く、さらに旧タイヤをホイールから外す必要がなく廃棄も不要ということで値引きしていただいた(今回は特別とのこと)。
    出光のスタンドが一番安くENEOSのスタンドが一番高いのは意外であった。応対の感じもよく出光のガソリンスタンドはおすすめだ。

    10月末にタイヤ交換。時期としては早過ぎるものの新品タイヤの皮むきをしておくのだ。という適当な理由を付けて紅葉を見に富士五湖周辺に行ってきた(が、紅葉はちょっと終わりかけであった)。


    交換してみてハンドルがとても軽快になった。RS-02は重苦しく軽快さが無かったのに気がつく。
    そもそもこのアウトバックは元々油圧式のパワーステアリングポンプが弱い。据え切りを繰り返すと壊れる事もあるそうで、このくらいグリップのないタイヤの方が合っているのかもしれない。スピードを出す車でもないし夏タイヤもエコタイヤが合っていそうだ。

    空気量の大きな60扁平の16インチにしたこともあり、段差を乗り越える際の衝撃も減って乗り心地が良い。このくらい地上高があるとタイヤの厚い60扁平がちょうどよく見える。
    インチダウンでフォレスターSG前期型の重い純正ホイールを付けてもなお、17インチと比べて1kg/本の軽量化となった。丸っこい穴のホイールなので似合わないかもと思ったけれど、思ったよりは良い感じだ。

    驚いたのはアクセルを抜いた後の転がりが全く違うこと。今までの感じで減速するかと思っていると更にすーっと転がっていく。スタッドレスは燃費が悪いというイメージとは逆に今のスタッドレスは転がり抵抗を減らしたタイヤなのだった。加速時の抵抗の少なさも感じられる。60km/hくらいで少しパターンノイズがあるがスタッドレス特有の低速時のノイズはなく快適だ。

    9月末の購入時は 6,780円/本だったものが11月上旬現在では11,040円/本になっていて、大きく値段も変わるのも季節商品であるスタッドレスらしい所。4本で17,040も差があるということはなかなか大きい。早めの購入がお得なのだ。

    ということで雪道が一切出てこないスタッドレスタイヤのレビューでした。
    2014年冬からピレリの主力スタッドレスはICE ASIMMETRICOという新タイプに切り替わるようだ。PIRELLI WINTER ICECONTROLは旧タイプとなる。ブリジストンとの値段分の差を考慮しつつ、ドライ路面の走行が多い人にはピレリも安価な選択肢としてどうぞ。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿