なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2010年7月22日木曜日

    春の次は夏、次は秋にでも

    永遠の夏休みを手に入れたので、ここにご報告。誰も見てないだろうけど。

    殆どが買い物記事と自分語りで占められていると言われるジャンクPC系のブログやWebサイトにおいて、その例に漏れることなく近況を書くということになりますが。

    永遠の夏休みは取るもんじゃないですね。暑いし。取るなら冬休みですよ。たとえば仕事をしている間には何も出来なかった作業を進める。進めているつもりでも、暑くて作業効率ががた落ちとなり結局進んでいない事が多々ある。同じ休みならまだ冬のほうがいい。
    地球温暖化と言われて久しいけれど、冬の方がまだやる気が出る。暑くないから。まぁ、おそらく寒いし、寒いから作業が捗らないとか言っているはずだけど。



    このご時世長い休みを取ると社会復帰は果てしない絶望であり、ハローワークへの歩みが重くなる。暑いし。ハローワークで前回と同じ検索結果を見て絶望する日々が始まる。到底採る気がない水増し求人と、何ヶ月過ぎても求人を出しっぱなしのブラック企業を確認する作業に就くことになる。
    そう考えると必要書類のための2.5cm×3cmの証明写真を撮りに行くことがとても高い壁のように思えてくる。暑いし。スーツ姿になった履歴書のための証明写真までたどり着かないのも無理はない。

    ハローワークから頂いたお手紙によると「就職する気があること」が「失業中」という定義であるらしい。就職する気がないなら失業中とは言わない。だとしたら、ニート。めでたくここに負け組ニートの誕生であります。

    まああと何年かすれば、ニートの定義年齢を超えて無職という世間一般で言うところの蔑称を得ることになるのだが、それはまた別の話。
    そういえば、最低賃金より生活保護手当のほうが高い県はいくつかあるそうな。夫婦で言えば偽装離婚すれば母子家庭の生活保護手当でアッパーミドルクラスの生活が送れるそうな。いいもんですね、無職って。

    などと言ってると殴られそうなので、まぁそれなりに就職すべく毎日ぐでぐでしていますが、まだ当面ぐでぐですることになるでしょう。一説には景気は上向いているそうです。自分はずっと下向いてきましたが、低空飛行は得意です。

    さて、いつまで飛び続けられるでしょうかね?

    2 件のコメント:

    1. ちゃんと見てますよ!
      仕事はハマれば面白いんですけどねぇ。ハマる期間はそう長くはないんですけど(笑)

      返信削除
    2. まいどどうもありがとう。
      自分は、仕事にはまりすぎて(体調的に)自爆するというパターンが多い気がして来ました。困ったもんです(笑)

      返信削除