なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2007年2月17日土曜日

    お届け物


    バックプリントフィルムBF-102が届きました。最近見かけないなと思ってたらいつのまにか生産中止みたいでオークションで購入。
    これフィルムなだけあって超光沢で面白いプリントになります。本来バックライトが必要な色調の絵ですが普通のプリントにも試してみるとよいです。Canonの用紙は生産中止だったので、探してみたら EPSON スーパーファイン専用バックライトフィルム(AA) というのがありました。これでも変わらないんじゃないかなと思います、でもこれA3サイズしかないような…普通のプリンタだと半分に切って使うしかなさそうです。
    そういえばバックプリントなので左右反転してから印刷するのを忘れないようにしましょう。一番最初に使ったとき素でやってしまいました。
    メーカーさんは紙ベースでなくこのフィルムベースで色調がアンダーにならない超光沢印画紙を作ってくれないものでしょうか。超光沢でピカピカのフィルム印画紙って売れると思うんですけど。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿