なにかに文句を言ったり写真を撮ったり、ごくたまに修理(改造・破壊)記事を書くblog。

    2004年6月1日火曜日

    AD-AC18R - 引っこ抜けない電源コネクタを増設する

    アダプタ無しで売られてた税込み2万円のADTEC18.1インチ液晶に、電源コネクタを増設します。
    コネクタの合うアダプタを探すのがめどいので、秋月で12V60Wのアダプタを調達しました。抜けにくいロックタイプの4ピンコネクタを付けるのです。


    4ピンコネクタ金具をアルミで作ります。


    アルミ板をハンドニブラとヤスリとドリルでガリゴリ。


    ハンダも適当すぎますな。汚い。


    パネルはIBM製でした。


    こんな感じでコネクタが付きます(右下)。


    無事表示できました。よかったよかった。

    解像度1280*1024。映りはかなり良いです。ナナオのFlexScan L695と同じIDTech製(旧IBM)パネルなので映りが良いのも納得かと。ただ、反応速度はやたらに遅い(40ms)ですが。まぁそれはナナオのも同じ。ナナオは画面回転機能付きで16万くらい。そっちは絶対買えないけどADTECなら中身一緒で2万円ですよー。ってのは言い過ぎか。
    液晶も安くなったもんです。

    追記:40msってのはどちらかといえば普通らしいです。そりゃースペックで比べたら16msとかいう新機種に負けますが、それ程変わらないとか変わるとか。


    2010.08.14追記:未だに実用していますが、このパネルのおかげでIDTechのパネルばかり探すようになってしまい。IPSとはいえ、ここまで目が疲れない液晶は少ないと思います。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿